今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


きみのもしもし #130

 正月深夜、右手がとっても冷たいことに気がついた。
 テレビはターンオフ、遠くで除夜の鐘が鳴っている。
「きみの手は温かかったね。柔らかかったし」
 そんなことを思い出し、オンザロックのジンを喉に流し込む。
ーもしもし、お尻の下に手をいれると温かいよ。
 鐘の音の合間に、きみの声が聞こえてきそう。
「確かに温かいね」
 そしてまたグラスにジンを注ぐ。
ー新年早々、そのくらいにしといたら。
 いないはずのきみの声が聞こえる。
 ぼくは少し人恋しくなっているのかな。
 冷たいグラスを明かりに照らし、きみの笑顔を思い出してみた。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-01-02 16:00 | きみのもしもし
<< Midnight Zoo #34 Midnight Zoo #33 >>