今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


Midnight Zoo #36

「終電に乗ってご登場」
 瑛太が笑いながらカウンターから手を振ってきた。
「おそいぃ」
 ひなのの笑顔もくったくがなかった。
 航はコートを入口横のポールに掛けると、すべりこむように瑛太の右隣りに座った。
 ひなのは入口から遠い方、瑛太の左隣りからカウンターに左頬をつけるような仕草で笑いかけてきた。

「マスター、ホットウィスキー」
 冷たい頬に両手を当てながら、航はオーダーをすませた。
「おいおい、何かいつもと違うな」
「そうよ。変」
 今度は出されたホットウィスキーを両手で包むように口に運んだ。
「おっ温まるなぁ」
 瑛太とひなのはそんな航をじっと見つめ、航の次の言葉を待っていた。
「変じゃないよ。いつもと変わらない」
 そして香り立つウィスキーをまた口にした。
「でも、たまには少し変化をもたせてもいいだろ」
「それもちょっと意味深だろう」
 瑛太は間髪を入れずに言葉を返した。
 ひなのもそれに続く。
「そうよ、そうよ。桜子さんもいなくて、いつものお店でもない。絶対、何か変。実は何かあるでしょ」

ー終電も終ったばかり、夜はまだ長い。
 航は遅れてきたせいでアルコール分量的にふたりに出遅れた分を取り戻すべく、2杯目からはモルトウィスキーをストレートで頼んだ。
「やっぱり変だぜ。いつものようにジンのオンザロックにしないのか」
 マティーニをオンザロックで飲んでいる瑛太が、ライトに照らされているストレートグラスに首をかしげる。
「でも、きれいね。その琥珀色」
 航の目の前からグラスを取り上げると、ひなのは自分の目の高さにグラスを持ち上げ明りにかざした。
ー確かに綺麗な色だ。

 3人でなんやかやととりとめのない世間話に花を咲かせているうちに、店内はひとり去りふたり去りしていた。カウンターのひとりは半分うたた寝をしているようで、唯一のテーブル席のカップルは自分たちの世界を醸し出していた。
「ちょっとお手洗い」
 ひなのが立ち上がったタイミングで、瑛太が少しだけ航の方に身を入れ、誰も聞く耳を立てないだろう今の店内なのに、小声で話しかけてきた。
ー何があった。
 航はその言葉を待っていた自分を感じた。
 自分から言い出すべきなんだろうけど、何となく言い出せずにいた自分を認めた。
ーひなのちゃんのところに最近、以前のように深夜に人影は現れなくなってるんじゃないか。
 瑛太は少し驚いたように目を見開き、
ー確かに最近は話は聞かない。聞き出して思い出させてもよくないので、俺の方から聞き出そうともしていない。でも。
ーでも、たぶん現れていないと瑛太も感じているんだろう。
ーそうだよ。
ーしばらくは現れないと思う。もしかしたらかなりしばらく。そしてもう現れなくなるかもな。
 瑛太はマティーニのお換わりをそっと目配せで注文すると、したり顔でまた航側に身を入れた。
ー何かあったんだろう。
ーあったんじゃないよ。続いてるんだ。
 瑛太の肩越しにひなのが戻ってきたのが見えて、航は言葉を止めたが、そこに立っているのはひなのではなかった。
 壁の木目が少し見えるほどの透明な存在感から、そこにいるのは晴香なんだと、それももう1人の晴香なんだと航は思った。
「おっ戻ったのか。次は何を飲む」
 航の視線を追うように左側に振返る瑛太は、戻ってきたひなのに話しかけた。
「何話してたの、ふたりでこそこそと」
「男だけのエッチな話さ」
 キャッチボールをするような恋人同士の会話、そのふたりは紛れもなく瑛太とひなのであり、もう1人の晴香はすでにそこにはいなかった。
「航さんがぽかんとしてる」
「そんなことないよ」
 そう言ってグラスに口をつけ、航が何気にカウンターでうたた寝を始めていた客に視線を流したとき、その隣にはさっきまでいなかったはずの女性がひとり腰かけていた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2010-03-07 11:21 | Midnight Zoo
<< Midnight Zoo #37 Midnight Zoo #35 >>