今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


カテゴリ:きみのもしもし( 134 )

きみのもしもし #134

 今日は朝から仕事をしている。
ーめずらしいね。
 珈琲ブレイクのタイミングできみがメールを送ってきた。絶妙のタイミング。
 うん、ON/OFFの切替を確実にしているつもりだから、確かに休日のお仕事はぼくにとってはめずらしい。
 なんて返事を返そうかと考えていると、もう次のメールが届く。
ーなにやってるの。
-何時に終わるの。
 立て続けに届くきみからのワンフレーズのメール。
-もしもし。
 何かあったっけかな。
-だからね。
 うーん。
ーひな祭り。
 あ。
ーもしもし。一緒にあそぼって約束してたじゃん。
 もう間に合わないな。さてはて、どうしようかなぁ。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-03-07 11:24 | きみのもしもし

きみのもしもし #133

 この寒い中、きみは駅まで歩いているという。
 友だちに会うんだね。
 しばらく音信不通になっていた友だち。もうずいぶん会っていないってきみは言っていた。
ーよかったね、会えるなんて。久しぶりじゃん。
ーでもね。
 冷たい空気がメールの文字を短くさせるのか、それとも。
ーどしたの。
ーちょっとだけ不安。
 会えなかった時間。いっぱいいっぱい心配して、たくさんたくさん元気でいるようにって思いを馳せて。
ー「もしもし、元気だった」って言えばいいのかな。
ーそうだよ。溢れんばかりの笑顔でね。
 そう、そのもしもしはきっとその友だちをも優しい気持ちにさせてくれるから。
ーもしもし、、、
ー元気をだしな。大丈夫だから。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-03-07 11:24 | きみのもしもし

きみのもしもし #132

 散歩の途中、エアロスミスを聴きながら、きみからのメールを確認する。
ーもしもし、どうしてエアロなの?
 そう言われてもなぁ。
ーもしもし、どうして?
「だからさぁ」
 信号待ちでつい口に出た。
 気づいたぼくは軽く周りを確認する。
ーもしもし、なんだっけ?他にもたまに聴いているふるーいバンド。
「スコーピオンズ」
 メールを返す前にまた口に出た。
ーもしもし?最近のバンドも聴こうよ。
 そうなんだろうけど、きみの言うふるーいバンドもかなりいかしてるんだぜ。
 さて、この思いをメールでどう伝えようかな。
 信号が変わって、ぼくはエアロのリズムで歩き出した。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-03-07 11:23 | きみのもしもし

きみのもしもし #131

ーもうしわけないけどさ。
ーん。
ーなんとなく。
ーもしもし。
ー。。。
ーまたね。
 今日は誰とも会いたくない。今日は誰とも話したくない。
 朝起きて、瞬間に感じた感覚。その感覚がまだ続いている。
 きみと約束をしていたわけでもないけど、
 けど、きみからの誘いがあったら気まずくなりそう。
 だから先に言ってみた。
 付き合い長いからきみは分ってくれてるけど、
 けど、またさみしくさせたんだろうね。
 きみのもしもしが静かに心に染み込んでくる。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-01-24 11:06 | きみのもしもし

きみのもしもし #130

 正月深夜、右手がとっても冷たいことに気がついた。
 テレビはターンオフ、遠くで除夜の鐘が鳴っている。
「きみの手は温かかったね。柔らかかったし」
 そんなことを思い出し、オンザロックのジンを喉に流し込む。
ーもしもし、お尻の下に手をいれると温かいよ。
 鐘の音の合間に、きみの声が聞こえてきそう。
「確かに温かいね」
 そしてまたグラスにジンを注ぐ。
ー新年早々、そのくらいにしといたら。
 いないはずのきみの声が聞こえる。
 ぼくは少し人恋しくなっているのかな。
 冷たいグラスを明かりに照らし、きみの笑顔を思い出してみた。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-01-02 16:00 | きみのもしもし

きみのもしもし #129

「ここにいつもひとりで来てたんだ」
「そうだね」
 気泡のない氷の入ったグラスを傾ける。注がれているのはジンとライム。
 きみは厚い一枚の椋でできたバーのカウンターを手でなぞる。
「手触りいいよ」
 少しだけ先に酔っているぼくがきみの手に触れる。
「こっちもね」
「もしもし」
 そしてきみはぼくの耳元にささやきかける。
「キスしたいね」
 遅れてきたきみの頼んだカクテルが、きみの前にそっと置かれた。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-01-02 15:59 | きみのもしもし

きみのもしもし #128

ーん。
ーどしたの。
ーん、会いたいね。
ーそだね、会いたいね。
ーあっ。
ーえ。なに?
 急にメールが途切れて、すぐさまきみから電話があった。
「あのね、聞かせて」
「なにを?」
「さっきの」
 ぼくは少し照れていた。
「あぁ、うん、まぁ、いいよ、だから、えっと、、、会いたいね」
「ふふふ、もしもし、わたしもっ」
 きみは明るく元気にそう言った。
 会いたいね、それはシンプルだけどいい言葉だね。
 ぼくはきみに何か温かいものを気づかせてもらった気がした。
[PR]
by hello_ken1 | 2010-01-02 15:58 | きみのもしもし

きみのもしもし #127

「100%の体力だったらね」
 と昨夜、きみがメールに書いてきた。
「すぐ無理するんだから」
 ぼくは苦笑いをしながら読んでいた。
ー無理をしてるんじゃなくて、そのときは大丈夫と思っているだけだよ。
 たまにあるこのやりとりを思い出した。
「もしもし、いいこと、あなたの大丈夫ほど当てにならないことはないんだから」
 何も返信していないのに、先にいつもの返信が届いた。
 思っていることを完全に読まれているのか。
 でもぼくはぼくで、きみのメールからきみの表情が読み取れる。
「100%だったらね」
 とぼくは昨夜、返信をした。
 そして今、93%のぼくがいる。
 さてとメールでもしようかな。
「繰り上げて100%なんてどう?」と。
[PR]
by hello_ken1 | 2009-11-21 14:36 | きみのもしもし

きみのもしもし #126

 きみと携帯で話しながら歩いていると、ぼくの右側を少女が駆け抜けていった。それを追うように少年が続いた。
 そして、ズトンと音がした。
ーだいじょうぶぅ?
ーだいじょうぶ、だいじょうぶ。
 振返ると、少年がもののみごとに転んだようで、地面に倒れ込んだまま膝をさすっていた。少女はその傍らに戻って心配そうにのぞきこんでいる。
ーほんとに?
ーうん。
 少年はどう見ても痛そうに苦笑いをしている。少女は座り込んで少年のひざ小僧に手を添えた。
「もしもし、どうしたの」
 急に会話が止まったぼくにきみが心配しているみたい。
「ねぇ、もしもし」
「大丈夫だよ」
 そして少女にきみの姿を重ねてみると、不思議とぴったりと重なった。
「ほんとに大丈夫だから」
「へんなの」
 少女と少年は手をつないで歩き始め、きみとぼくはさっきまでの会話の続きを始めた。
[PR]
by hello_ken1 | 2009-11-08 11:59 | きみのもしもし

きみのもしもし #125

「もしもし、何考えてるのかな」
 ぼくの胸元からきみがぼくを見上げている。
 ぼくは何も答えずに静かに笑顔を作ってみせる。
「もしもし」
 そしてきみを強く抱きしめる。
「ねぇ」
「ん」
「いいよ、もうちょっとだけそっちのことを考えてても」
 ぼくは天井を見つめ、そして素直にその先を思い出す。
「とっても好きだったんでしょ」
「きみもね」
 今夜ぼくらは初恋の話をし、キスをした。
 なんかとっても温かかった。
[PR]
by hello_ken1 | 2009-10-31 11:20 | きみのもしもし