今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プロミス #7


hankies1, originally uploaded by Jess Hutch.

 運動会が終わってだだっ広いだけのグランドとなった運動場を、あーくんを待つ間、ひとりでぼんやり見ていた。あーくんはまだ居残り掃除中、宿題を3日続けてやってこなかったからだ。

「どーしたの、明くん、3日も続けてなんて変でしょ」
 先生が口をとがらせていた。
 ホームルームの最後に先生は、宿題をしてこなかった生徒をひとりひとり立たせては、理由を聞いていた。
ー理由なんてあるわけないじゃん。だっておれも宿題嫌いだもん。
 嫌々ながらに宿題をやってきたおれ、嫌なことはしないあーくん。でも確かに3日も続けると先生もだまっていないのは分かっているはず。他の生徒よりもあーくんに対する先生の口調はきつかった。あーくんはうつむくわけでもなく、じっと先生を見ていた。確かに変だ。理由は答えなくとも、おれはあーくんの言い訳を聞いたみたい気がした。
「言葉を忘れちゃったのかな」
 先生が一歩、あーくんに近づいた。
「先生、」
「うん」
「小じわが増えるよ」
 クラス中、一瞬の沈黙。そして、拭き出す笑いをこらえる声がここかしこで起こった。

 結局、宿題をしてこなかったあーくんへの問い詰めはそのときはるか彼方に吹き飛んで、あーくんには顔を真っ赤にした先生から居残り掃除が課せられただけだった。
「あーくん、冷や冷やさせんなよ」
「まぁまぁ、ちょっとさ」
 言葉に含みを持たせて、あーくんはみんなが教室を出るのを待って、掃除用のモップを取りに席を立った。
「たぶんすぐ終わるから、鉄棒んとこで待っててよ。一緒に帰ろ」

 鉄棒に腰掛けて、運動場を見ていると先日の女子リレーが思い出された。
 おれは女子リレーのときにあーくんの視線を追えば、きっとあーくんお目当ての女子が誰かは分かるとふんでいた。
 女子リレー、最終組のアンカーがコーナーにかかった。そこはあーくんが気になる女子が苦手としている場所。そのとき、女子リレーを観ていたみんなが一様に声を上げた。その中にあーくんの声も混ざっていた。
「あー」
 みんな突然立ち上がり、あーくんは心配そうな声を上げていた。
 そのコーナーには赤いゼッケンをつけた女子がひざから血を流してころんでいた。あーくんは次の瞬間、おれの視界から消えた。一生懸命立ち上がってゴールをめざしたその女子が付けていたゼッケンの色は、隣のクラスを意味していた。

ー麗奈ちゃん、隣のクラスの男の子にハンカチ返せたの。
ーうん、さっきひとりで掃除してたから返してきた。
ーよかったね。みんながいるとき返すと、男子連中がうるさいからね。
ーそうだね。返すって約束もしてたし、ちゃんとお礼も言えたし。よかった。
ーでも、あの男の子、ぜったい麗奈ちゃんのこと好きだよ。
 突然、声が聞こえてきた。おれは鉄棒の上から辺りをきょろきょろ見渡すと、校門からはしゃぎながら出て行こうとする二人連れの女子が見えた。きっとあの子らの会話だ。

「ゆーちゃん、お待たせ」
 あーくんが息を切らして駆けてきた。ポケットからちょっとだけハンカチの端がでている。あーくんのほっぺは走ってきたから赤いのか、それともそのポケットから覗いているハンカチのせいなのかは、容易に想像できた。
「わざと宿題しなかったんでしょ」
 おれはあーくんに突っ込みをいれてみた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-09-24 11:53 | プロミス

きみのもしもし #6

 雨上がりの朝、きみの声が聞きたくなった。
「もしもし」
「ちょっと待ってて」
 携帯からのきみの声はいつになくクリアーに聞こえた。
 じっときみからの折り返しを待っていると、ようやく携帯のディスプレーが明るく光った。
「もっしもっし」
 君の声も明るかった。
「あのね、」
 でも舌ったらずはかわらない。
「散歩に行こうよ。あの公園で待ってるから。気持ちいいんだよ、雨上がりって」
 雨上がりの朝、きみの笑う顔が見たくなった。
[PR]
by hello_ken1 | 2006-09-18 10:25 | きみのもしもし

プロミス #6


IMGP4475, originally uploaded by yulinchu.

 運動会は毎年疑問の塊だった。組体操でみんなと力を合わせる。騎馬戦で馬になんなきゃいけない。障害物競走で網をくぐる、顔を真っ白にしてあめ玉をさがす。あまりに不思議なことが多かった。
「どうしてかなぁ」
 おれは先生に聞いてみた。
「祐二くん、運動会なんだからみんなと楽しもうね」
 担任の先生は不思議な笑顔で答えてくれた。
ーこの子は運動きらいみたいだし、さぼり癖があるのかな。
 でも、先生の声が聞こえた気がした。

 運動会を明日に控え、校舎の屋上からあーくんとふたりで運動会の練習風景を見ていた。
「これってさぼりかな」
「うーん、違うね。運動会全体を分かろうとしている調査だよ。ぼくらは明日のための調査団、良いこと」
 相変わらずあーくんの言葉はおれを納得させた。
 ふたりで屋上のフェンスに寄りかかり、無口のまま、ぼーと運動場を見ていると、いつしか女子のリレーが始まっていた。
「ねぇ、うちのクラスの女子は速いのかな」
「ゆうちゃんはクラスを応援するの、それとも誰かを応援するの」
「どっちにしてもうちのクラスじゃん」
「違う違う、そうじゃなくてさ。うちのクラスって優しい子いないじゃん。だから他のクラスの女子を応援したりしないのかなって」
 あーくんはそう言いながらフェンスから身を乗り出して、リレーを見はじめた。
「あーくん、違うクラスに好きな子、いるんだ」
 あーくんはますますフェンスから身を乗り出した。
「いるんでしょ、あーくん」
「あのコーナーがね、」
 あーくんの耳たぶが少し赤くなった気がした。それとも夕日がおれらを包み始めたのか。あーくんは右腕を伸ばして、おれにそのコーナーを教えようとする。ふたりしてフェンスからあらん限りに身を乗り出していた。
「その子は苦手なんだ。だからね、ここから調査しているんだ」
「その子って誰さ」
「その子はその子じゃん」

 こんなときでもあーくんの心の声はおれには聞こえなかった。初めてあーくんから声をかけられたときは、あーくんの口にしていない一言を聞いた気がした。おれの名字を心の中で確認して、声をかけてきたと思っていた。でも、あの時以来、あーくんの心の声を、あーくんの心の声だけは一度も聞いたことがなかった。それでいいと思っていたし、そうじゃないときっとあーくんとおれの友情にそのうちひびが入ると、そんな気がしていた。あーくんもそのことはなんとなく気づいていたはずだし、確認もしてこなかった。

 屋上であーくんの応援している子のことではしゃいでいると、突然、大きな声が聞こえてきた。
「どした、ゆうちゃん」
「あーくんには聞こえなかったの」
「きっと誰かの声が聞こえたんだね」
「戻ろ、先生が来るよ。運動場からぼくらを見つけたみたい。さぼってるって怒ってる」

 屋上から階段を二段跳びで駆け降りながら、おれはあーくんに言った。
「その子のチームが優勝したら、誰なのか教えてよ」
 あーくんは階段のコーナーでおれを抜きながら
「いいよ」
 恥ずかしそうに笑っていた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-09-17 20:29 | プロミス

プロミス #5


線香花火, originally uploaded by Michiyo196.

「それって、心の声っていうよりさ」
 しゃがみこんで線香花火を手にしているあーくんが、大きなオレンジ色の菊花となっているその火花を見つめながら、つぶやいた。
「曲に込められた思いが伝わってきたってことじゃないのかな」

 おれはあーくんの言っていることがよく理解できないでいた。線香花火の菊花をそっと自分とおれの顔の高さにまで持ち上げると、あーくんは言葉を続けた。
「うまく言えないんだけど、そのまんまの言葉をお姉さんが心の中でつぶやいたんじゃなくて、ゆうちゃんが早くよくなりますようにって、すごく思いを込めて弾いてたんじゃないのかな」

 菊花はますます勢いよく輝きを増していった。
「そこにこれから好きな人に会うっていう気持ちがたまたま正直にのっかってきちゃった。あっ」
 膨らんだ線香花火の火玉はその大きさに耐えられなくなり、あーくんの足下に落ちた。一瞬、おれらの周りが漆黒の闇に包まれたのかと錯覚するほどだった。あーくんは落ちた火玉を見ていたが、おれはそんな難しいことを言うあーくんに驚いて、あーくんの顔を凝視していた。

「どしたの。またおなか痛くなったの」
 あーくんのその言葉におれが我に返ると、あーくんの肩越しにお姉さんが見えた。
 お姉さんもおれに気づき、右手で自分のお腹を軽くぽんぽんとたたくと笑顔を向けてきた。おれは立ち上がり、右手の親指を立てガッツポーズをとってみせた。
ーよかったね。
 お姉さんの口元がそう動いた。おれはあわてて頭をさげ、昼間のピアノのお礼を言った。

「お姉さん、寂しそうな顔してたね」
 また線香花火に火をつけながら、あーくんが唐突に言った。
「きっと好きな人が約束の時間に来なかったか、来たけどもう会えなくなっちゃったか、そんな表情だったよね」
 まだ小さい菊花の線香花火を見つめているあーくんがここにいる。あーくんはここにいるのに、その言葉が妙におれをさみしくさせた。ここにいるはずのあーくんにももう会えないような気がした。
「ゆーちゃん、お姉さんの心の声、何か聞こえてきた?」
 おれは首を横に振った。お姉さんのことだけではなく、一瞬でも感じたあーくんと会えなくなるという思いを払拭するために強く首を横に振った。
「そうだよね。いつも聞こえるわけでもないし、聞こえないほうがいいこともあるしね」
 おれはしゃがみこみ、あーくんと一緒に最後の線香花火の菊花を見続けた。

 その週末からしばらくの間は、お姉さんのピアノの調べが聴こえてくることはなかった。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-09-10 10:59 | プロミス

プロミス #4


Dream in White III, originally uploaded by Iguana Jo.

 毎週末になると、隣の家のお姉さんが弾いてるピアノが聴こえてきた。うまい下手なんて、当時のおれにはわからなかったけど、毎回ひっかかることなく流れるように聴こえてくるその調べは、きっと耳にするみんなを和ませていたに違いない。そんな優しい響きだった。

 おれが朝食のテーブルにつくと、
ーる〜るる
 母親が心の中で、お姉さんのピアノに合わせて、ハモっていた。
 母親が朝食を並べ終わるのをソファーで待っている父親も新聞を広げながら、
ーふふふん
 曲を心の中で口ずさんでいた。

「ママ」
ー今朝は機嫌がよさそうだな。
「はいはい、もうすぐパンも焼けますから。もうちょっと待っててくださいね」
ーわたしの手作りのジャム、気づいてくれるかな。

 ふたりはきっと相手の心の声は聞こえていないはず。でもふたりは似たような思いで、優しい食卓を向えようとしている。それはあのピアノの音色、週末の家族そろっての楽しい食卓は、あの音色を聴いている人みんなの心に潤いを与えている、そのおかげなんだろう。そしておれみたいにたまにひとの心の声が聞こえなくても、母親と父親は互いの気持ちがくみ取れる、それが夫婦と言うものだろうか。

 ある日、おれがおなかをこわして学校を休んでいると、週末にしか聴こえてこないはずのあの調べが耳に届いてきた。さっき母親がお粥を持ってきてくれたときに、おれの部屋の窓を少し開けて行ったから、そこからピアノの響きがそよ風のようにそっと流れ込んできているのだろう。

ー今日はわたしも休みなのよ。これからデートなの。ゆうちゃんも早くよくなって、お友だちと遊べるといいね。
「えっ」
 おれがタオルケットをおなかに当て、天井の木目を何気に見ながら響きを聴いていると、隣のお姉さんの声が聞こえてきた。きっと母親がお姉さんに頼んだんだろう、だからお姉さんの弾くピアノが聴こえるように窓を少し開けて行ったんだ。
 そのあとも優しいピアノの調べはおれの部屋まで届いていたが、お姉さんの声も母親の声も聞こえてくることはなく、いつしかおれは眠りについた。

「ゆうちゃん、あっそっぼ」
 次に目が覚めたのはあーくんの声、あーくんが庭先から顔を出していた。
ーそっか今夜、おれんちで花火をする約束をしてたよね。
 あーくんは自慢気に袋一杯の花火を見せてくれた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-09-03 11:13 | プロミス