今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プロミス #21


Espresso in Morning Light, originally uploaded by one pic a day.

 店長から教えてもらったパソコンのホルダーには、確かに沢山のスナップ写真が保存されていた。店長は自分の写真におれが興味をもったことに、ことのほか上機嫌で、レモンスカッシュのお代わりをつくってやると言い出した。
「レモンスカッシュはもういいよ」
「そうだな、2杯はないかもな。じゃぁ、大人の珈琲を入れてやるよ」
 確かに珈琲だったらいいな、おれは「大人」という響きに不思議な感覚を覚えながらも素直に頷いた。

 店長が珈琲豆を新たに挽いている間、おれはホルダー全体を見るそぶりで、麗奈とあーくんとおれの新幹線のホームでの写真を見つめていた。
 そこには確かに麗奈がいた。守ってあげなくっちゃと思わせる麗奈の笑顔が写っていた。その写真は麗奈のその笑顔が以前にも一度、見たことがあるとおれに気づかせた。

 あの日、麗奈は陽射しの差し始めた境内で、おれと並んでブランコに腰掛けていた。
「わたしね」
 色白の麗奈の顔に、午前の柔らかい陽射しが当たっている。
 おれはそんな麗奈が隣にいるだけで、耳たぶが熱くなるのを感じた。でも手のひらの温度は少し下がった気がしていた。
「きみたちふたりのことは前から知ってたよ」
 麗奈が自慢気に笑っている。おれたちが気づく前から麗奈はおれたちのことを知っていたと、おねえさんっぽい眼差しで笑っている。麗奈はブランコを少しだけ揺らした。それだけでおれの耳たぶはますます熱くなった。
 そのあとしばらくとりとめもない話題が続き、でも話しているのは麗奈で、おれは照れ笑いの相づちをうつばかりだった。
「そしたら明くんがあのとき真っ赤な顔してハンカチを差し出してくれたんだ」
 運動会で麗奈が転んで、膝にケガをしたときのことだ。
「すごい勇気だったと思うよ。わたしのクラスの子たちにひやかされてたもん」
 麗奈はブランコをこぐのをやめた。
「うれしかったなぁ」
 境内の大きな木を見上げるようにして、麗奈は言った。
「でも、わたしも恥ずかしかったんだよ」
 麗奈の視線を感じた。きっと麗奈は今、おれのほうを向いている。おれは麗奈の方を向けず、今度はおれがブランコを揺らした。

「大人の珈琲、入ったよ。どうぞ」
 店長がおれのそばに立っていた。
「やっぱりその小学生はお前らだったのか」
 店長はうれしそうに目を細めた。パソコンの前に差し出されたその珈琲は、整った上品な香りをたたえていた。
「はじめて明と祐二がこの店に来た時、初対面の気がしなかったんだよな」
 満足げな表情で店長はおれの肩をたたくと、麗奈の姿を指さした。
「この壊れそうな笑顔の女の子はこのあとどうしたんだい」

 境内の大樹の枝がかすかに揺れている。柔らかい陽射しが枝々の葉を照らしている。
 おれは麗奈の顔をどうしても直視できなくなっていた。麗奈からこの境内に呼び出されるまでは、そんなに意識もしなかったのに、今は隣でブランコに乗っているだけで、心臓が締めつけられるような気持ちになる。
「でね、」
 麗奈の声色が少しだけ低くなった気がした。ここにおれを呼びだした理由に触れようとしている。
「わたし、転校することになると思う」
 思わずおれは麗奈の顔に目を向けた。
「明くんはわたしのことが好きなんだよね、きっと」
 あーくんだけじゃない、おれも麗奈のことが、このときおれは自分の気持ちをはじめて知ることになった。
「明くんのことも好きなんだけど、」
「だけど、」
ーもっと好きな男の子がいるの。だから。
 聞こえてきた心の声に思わず反応し、おれは麗奈の目をじっと見つめてしまった。
「うぅん、わたし転校しゃうのよね」

「転校してったんだ。それから連絡が取れなくなっていたけど、今、あーくんが連絡をとろうとしているんだ」
 店長は、ふむふむと頷きながら、またカウンターの奥に戻って行った。
 おれは店長がいれてくれた珈琲に口をつけた。その味は香り以上に苦味のあるものだった。そしてその苦味はおれにあーくんととても話したがっているおれ自身を気づかせてくれた。そう、この珈琲が本当はおれが何をしたいのかを、気づかせてくれた気がした。
 いろんなことをあーくんに確認したくて、葉子のこと、タバコのこと、でもどう切り出せばいいか、わからずにこの喫茶店にやってきたのに、今おれがあーくんに聞きたいこと、確認したいことはひとつだった。
ーあーくん、麗奈は元気なのかな。
 店長のいれてくれた珈琲をまた口に運ぶ。確かにまだおれには届かない大人の味がした。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-12-31 19:35 | プロミス

プロミス #20


2013_Lemon_Squash, originally uploaded by wiccked.

 あーくんの心の声は聞こえない。初めてあーくんと言葉を交わした時、あのとき最初に聞こえてから、今日まで一度も聞こえてきたことがない。きっと、あーくんに対してはこれから先も聞こえてこないんだろうな。

 もともと聞きたいと思うときに都合よく聞けるわけでもない。ただ姿が見えていれば、聞こえてくることがある。聞きたいと思わなくても聞こえてくるし、聞きたいと思っても聞こえてくるものじゃない。

 どうしてあーくんだけ、他のみんなと違うんだろう。そんなことはあまり考えたことがなかった。

 あーくんはおれが他のみんなの声を感じたとき、そのことに気づく。そしてそっと聞いてくる。
「何か聞こえたの」
 聞こえてくる内容に限らず、おれにとってはいつもいきなり聞こえてるみんなの心の声は、その度、おれをピクンとさせる。ほんの少しだけピクンとさせる。誰も気づかないはずのピクン、でもちゃんとあーくんは気づいてくれて、おれを気づかってくれる。
「ゆうちゃん、大丈夫」

 葉子のマンションを出て、繁華街の裏にあるいつもの喫茶店でレモンスカッシュが出てくるのを待っていた。お店に入ってきた人からは気づかれない、でも入ってきた人の後ろ姿は確認できるそんなコーナーのテーブルで、ひとりレモンスカッシュを待っていた。
「明と待ち合わせかい」
 店長が細長いグラスにレモンの果肉と炭酸の泡が舞っているレモンスカッシュ片手に聞いてくる。おれが首を横に振ると店長はグラスをテーブルに置くのをやめて、あごでカウンターを指した。
「やることないんだったら、カウンターのパソコン、いじっていいぞ」
 ひげ面の店長が優しく微笑む。
「どうせ客なんてそんなに来やしないんだ。おれはおれで読みたい本もあるし。こんな片隅にいるよりいいよ」
 店長はおれの返事も聞かずに、グラスをカウンターに持って行った。

 パソコンの前に座っても、しばらくはマウスもいじらず、ただ視点も定まらないままディスプレーの壁紙を見ていた。葉子のベッドのタバコの匂い、葉子の髪の毛のタバコの匂い、あーくんとの待ち合わせに反応した葉子の心の言葉、気持ちの整理を付ける糸口も見つけられないまま、ディスプレーは時間が経つと、いろんな風景のスクリーンセーバーへ切り替わった。コーヒーカップ、自転車、女子高校生、桜、何の脈絡もない支離滅裂なスクリーンセーバーだった。
「おれが撮った写真だよ」
 店長がひとことぼそりとつぶやいた。話題をつくった訳でもなく、会話のとっかかりの一言でもなく、ほんの一言口にすると、また本を読み出した。
 確かに見ているだけで時間もつぶせる、そしてそのうち、いろんな視点からの写真に興味を引かれて行った。
ー特別なものはないよ。街のいろんな風景を切り取ってるだけだから。
 静かな店内に店長の心の声が聞こえてきた。
 しばらくそのままスクリーンセーバーの写真に見入っていると、ある写真がおれの心臓を鷲掴みにした。
「あっ」
 言った瞬間に、次の言葉を失ってしまった。
 店長はおれの声に気づき、読んでいた本から顔を上げた。
「どうした」
「う、、、うん」
 それがおれの精一杯の返事だった。そして次の瞬間にはスクリーンセーバーはあくびをするネコを映していた。

 スクリーンセーバーに映し出された店長の写真、それは新幹線のホームで女の子を見送るふたりの男の子の写真、それは小学生の時のおれとあーくんと、そして麗奈のショット、麗奈の泣き出しそう、でも甘い笑顔がそこにはあった。
「ねぇ、店長」
 おれは意を決して、口にしてみた。右手の人さし指はディスプレーを差しながら。
「これに使ってる店長の写真、見せてくんないかな」
 新幹線のホームで麗奈を見送った後の、あーくんとの約束が鮮明によみがえっていた。
ー麗奈がぼくたちのことを忘れないうちに
ー忘れないうちに
ーうん、忘れないうちに、遊びに行ってやろうぜ
 それがおれとあーくんの約束。
 おれは誰とも何一つ約束を果たせないまま、今日を迎えている気がした。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-12-24 00:46 | プロミス

プロミス #19


fresh, originally uploaded by CliffNJ.

 葉子と公園からマンションに戻ると、ふたりとも鼻の頭が赤くなっていた。
 くちびるで葉子のそんな鼻の頭をさわると、やっぱり冷たい。
「祐二もトナカイさんみたいだよ」
 ふたりしてくすりと笑うと、じゃれあいながらベッドに倒れ込んだ。
「あれ」
「なぁに」
 おれが本当にあれっと思ったことを口にしようとしたとき、葉子のキスがおれの言葉をふさいだ。

 ひんやりとしていた室内が、おれと葉子の体温で温かい。窓ガラスが薄く曇っている。
「がんばった祐二に、珈琲いれたげるね」
 胸にバスタオルを巻いた葉子がキッチンに立つ。
ー色っぽいね。
 ベッド横の床に転がっていたカメラを手に取ると、残り2枚は撮影可能なのがわかる。おれはすかさずバスタオルからはみ出している葉子のおしりをフレームに収めてみた。
「ちゃんと撮れてるかなぁ、祐二」
 珈琲メーカーをセットした葉子が、冷たいフローリングにつま先を立てて、ぴょんぴょんとベッドまで戻ってくる。
「撮れてるさ、それもとっても美人にね」
「じゃあ祐二が今、盗み撮りしたわたしのセクシーラインもちゃんと撮れてるの」
「あ、それは撮ってないよ。覗いてみただけ」
 葉子は少し冷えた体を、まだ温かいおれの体につけてくる。まぁるくなってくっついてくる。
 葉子の髪の香りをかごうと、葉子を軽く抱き寄せたとき、さっきと同じ匂いがした。
「ハコの枕にも、ハコの髪の毛にも、タバコの匂いがするよ」
ーあ。
 葉子の声が聞こえた。そのとき葉子のからだがぴくんと動いた。

 でき上がった珈琲をベッドサイドまで運んでくる葉子は、何食わぬ顔でおれにキスをする。
「大学生はね、女の子でもタバコを吸うんだよ」
「それはハコのことかな」
「わたしは吸わない。でも友だちは吸うの」
 納得できないおれがいる。
 公園での撮影会、そしておしりのフレーム、楽しいはずのものがなぜか意味のないものに思えてしまう。
 数時間前、葉子は約束より20分遅れて現れた。少しそわそわしながら現れた。今となっては、そんな気もする。
「温まるね」
 おれは珈琲を口にする。葉子はストーブに火をつける。
 苦めの珈琲はおれの好み、葉子はそれをわかって苦めの豆を常備している。
「夕べは友だちと飲んでたんだよ。タバコを吸う友だちね。ここに寄って朝方始発で帰ってったけど。だからさっきは寝ぼけ声だったでしょ。女の子って話し込んじゃうと長くなるし、その子はけっこうなヘビースモーカーだから」
 いつになく長い説明をひとり始める葉子。どんなに言葉を続けても、おれはたったひとことが心にひっかかっている。
ーあ。
 そう聞こえてきた言葉が、葉子が実際に口にして話している長い言葉より、現実となっておれの心に残っている。

「もう帰るの、祐二」
 なんとなく安心しているような表情に見えてしまう。
「うん、あーくん約束があるんだ」
ーえっ。
ーえっ。
 見つめ合う、おれと葉子。
「ほんと帰っちゃうの」
「だから、あーくんと」
 ひとの心が聞こえることはいいことばかりじゃないって知っていたくせに。いいことなんて何もないよ。
 おれは目を伏せ、葉子の部屋のドアを閉めた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-12-17 12:16 | プロミス

プロミス #18


Survie, originally uploaded by @ZespiraL@.

「こんにちはぁ」
「あら、いらっしゃい」
「早かったですか」
「そんなことないんじゃない。祐二くん、おねえさん、いらしたわよ」
 玄関先でのおねえさんと母親の会話は聞こえている。ふたりともぬけのよい、明るい声で話している。
「ねぇ、祐二くんの彼女のこと、何か知ってる」
「いいえ」
「そおねぇ、あなたになら何か話してるかと、ふと思ったんだけど」
「心配なんですか」
「いいえ、そんなんじゃなくて、楽しみなんですよ。幼なじみの明くんとばっかり遊んでるから、お父さんから祐二くんに彼女がいるんじゃないかと尋ねられた時、何かねうれしくて」
 ばつの悪いタイミングだなぁと思いつつも、これ以上、詮索されるのもよくないと、マフラーを首に巻いてとにかく玄関に顔を出した。
「お待ちかねよ」
「じゃぁ、祐二くんをお借りしますね」
「こちらこそよろしくお願いしますね」
 母親は出がけにおれの手を握ると、多少の小遣いを渡してくれた。

「でも、なんでおれが一緒に行くわけぇ」
 高校生になって、小学生の時みたいにおねえさんをずっと年上だとは思わなくなってきたのが、言葉の節々に現れる。きっと葉子と付き合うようになって、そして、もしかしておねえさんもおれの恋愛対象の年齢幅にまだいるのかもしれない。でも言った後に、少しだけおねえさんの反応を確かめるおれがいる。
「祐二くん、いつの間にか、わたしより背が高くなっているんだね」
 おねえさんとほぼ同じ視線だと思っていたけど、よく見るとおねえさんはハイヒールを履いている。もっとよく見るとさすがに今日はデートなだけあって、ピアスも指輪も品よく、でも十分艶っぽく感じられる。そんなおねえさんが腕を組んでくる。
ーこんなところをハコに見つかったら、あとで説明が大変なんだけどなぁ。
 そう思いつつも、まったく悪い感じがしない。

 待ち合わせのカフェまでの歩道で、おねえさんは急に立ち止まった。
「祐二くんのコートのポケット、ごつごつしてる」
ーえっ。
「何、入ってるの」
「あぁ、親父からもらった古いカメラ」
ーそんな話題ありなのかな。
「わたしの顔、こわばってない」
 話題が変わる、おれは首を横に振る。
「今日のおねえさん、とてもきれいだよ」
 おねえさんは一瞬、きょとんとし、次の瞬間には笑い出していた。
「もうそんな台詞を言えるようになったんだね、祐二くん」
「からかうなよ。帰っちゃうよ」
 ほぐれた笑顔のおねえさんは、まだ笑いが収まらないままに言葉を続けた。
「ねぇ、街をバックに1枚、撮って」
ー雨上がりの街は、いろんな色がきれいに見えるね。好きだな、雨上がり。
 少し悩んだけど、おれはおねえさんの声に後押しされて、写真を撮ることにした。ひとつ間違うと泣き顔にもとれそうな笑顔、あやうい笑顔がファインダー越しに見えた。
ーありがとう。
 また声が聞こえた。やさしい響きが心に伝わってきた。
 おねえさんはおれと腕を組み直し、一緒に彼氏の待つカフェに向った。

 カフェでは、おねえさんの肩越しに彼氏の顔が見える席にすわり、珈琲を頼んだ。
 一杯の珈琲では足りず、お代わりとショコラケーキも追加で頼んだりした。ショコラケーキ、葉子が好きなケーキだ。
 ケーキを口に頬張りながら、おねえさんからの頼まれ事を思い出してみる。
「彼から話があるようなの」
「どんな話であっても、彼がうそをついていなければ、それでいいと思ってる」
「祐二くん、勘がいいでしょう。彼の表情、見ててくれないかな。正直に話しているかどうか、見ててくれないかな」
 もう二十代後半にさしかかろうとしているおねえさんが、高校生のおれにお願いに来た。
「大事なことだよ。おれなんかに頼んでいいの」
「祐二くんを小さい頃から知ってるけど、不思議なのよね、祐二くんはひとの心が読めるみたいで」
 結局、おれはお店の人に頼んでおねえさんにメモを残し、途中でひとりカフェを出た。
ー街の色に気づいたおねえさんは、もう大丈夫。きちんと彼氏のことが見えてるはずだよ。いつでもまた写真撮ったげます。

 雨上がりの街は、ほんとうにきれいだった。人通りの多い街中なのに深呼吸したくなるほど。
 おれは葉子に電話をかけた。
「ねぇ、撮影会しない。モデルはハコ。バックは街。どう」
 寝ぼけた声の葉子は、それでも一生懸命反応しようとしている。
「マンション近くの公園で待ってるから。出ておいでよ」
 親父からもらったこのカメラの最初の1枚は葉子ではなく、おねえさんになってしまったけれど、
ー残りのフィルムは全部ハコで埋め尽くそう。
 そう心に決めて、おれは待ち合わせの公園へ向った。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-12-10 14:22 | プロミス

プロミス #17


Two Doors, originally uploaded by wmistar.

 父親に呼ばれて、おれはリビングへ降りて行った。
 リビングでは父親が湯気立つお湯をドリップに注ぎ、珈琲を入れていた。
 母親はテーブルにひじをつき、サーバーに落ちる珈琲の水滴を見ている。うれしそうな笑顔だった。
「祐二、ソファーに座って待ってろ。ママの分と一緒に珈琲入れてるから」
 父親も笑顔だった。
 でも、父親が珈琲を入れてくれるときは、きまってそれなりの話があった。珈琲を小道具に使っているはずもないのだが、母親はたまに会話に困ると「この珈琲、美味しいわねぇ」と珈琲を話題にする。

「今朝のは特別に美味しく入ったみたいだな」
「ほんといい香り」
 幸せを絵に描いたようなひととき、テレビドラマでの決まり文句のように聞こえる。
 用事はなんだろう、そんなことを思っても、確かに目の前に出された珈琲が気持ちをとてもほっとさせるほど香しいのには、驚いた。

「でだ」
 おれの正面にどすんと座った父親が、ソファの後ろからおもむろにテーブルにものを並べ出した。1台、2台、3台、ついには6台のカメラが目の前のテーブルに並んだ。そしてそれとは別に交換レンズ3本。
「このカメラ以外、好きなカメラを持ってっていいぞ」
 父親は満面の自慢顔でおれにそう言った。おれは珈琲とカメラ、その組み合わせにピンとこず、きょとんとしていた。
「パパ、持ってっちゃダメなカメラは並べる必要ないんじゃない」
「いや、まぁ、そうなんだが、このドイツのカメラは何だ、その」
「自慢したかったのよねぇ、パパは。そう思えちゃうよね、祐二くん」
 急に振られても困ってしまう。おれは珈琲に口をつけた。香ばしい香りがおれを落ち着かせる。いいふたりだ、おれはほほ笑ましく思った。

 1台1台、父親がそのカメラを語り出した。ほんとうにそのカメラのことが好きなんだな、そう感じさせる表情と口調だった。
「きりないのよねぇ」
 そう口にする母親の眼差しも温かい。
「このカメラでママをはじめて撮ったんだよ、覚えてるかな」
「そうだったかしら」
「そうだよ。硬い表情のママに笑ってもらうのに苦労したんだから」
 母親の耳たぶが赤くなっている。記憶にあるんだね。
 おれは母親に目配せしながら、珈琲をまた口にする。この美味しい味の秘訣は父親の愛情かもしれない。
 父親の熱弁は続き、あるキーワードが途中、おれの興味を引いた。
「ああ、ハーフサイズのこれか」
 父親はおれにそのカメラを持たせると、うれしそうに言葉を続けた。
「これはレンズの出っ張りが少ないから、どこにでもすっぽり入る。それに普通のカメラの2倍の枚数が撮影可能だ」
 このカメラを見せた時の葉子の表情がふと脳裏をかすめた。
「たしかに高校生の祐二にはハーフサイズはフィルム代も助かるだろう」
 おれは巻き上げレバーを回し、シャッターを切ってみた。なんて滑らかなんだろう、それに心地よい音だ。それでいてチープな感じはまったくしない。
「祐二、きっかけは何であれ、人も物も出会いは縁なんだ。ハーフサイズカメラが祐二の興味を引いたんだったら、それも縁。プレゼントするから大事に使ってくれ」
 父親は数本のフィルムもおれに手渡すと、満足げに珈琲を口にした。うんちくの語りすぎで喉が渇いていたのかもしれない。

 ひと通りの使い方と注意点を父親から教わると、おれは父親と母親をさっそく撮ってみた。ファインダーから覗くふたりは、こっちの方が照れるほど、ほほ笑ましい眼差しをしていた。

「祐二くん、彼女いるんだよね」と母親。
「せっかくなんだから、彼女の写真、撮ってこいよ」と父親。
 ふたりが顔を見合わせている。
「紹介しろとまではまだ言わないが、写真くらい見せてくれよ。ママが心配しててさ」
 やめてくださいよ、言わない約束でしょ、母親がバツ悪そうに珈琲を口にする。
「ほんと、今日の珈琲は美味しいわねぇ、パパ」

 リビングに呼ばれて、父親の大切なカメラを譲られた理由がはっきりしたが、まったく悪い気はしなかった。
「撮れたら、ちゃんと見せるから。約束するよ」
 ソファーに並んでカメラの思い出話をはじめたふたりを見ていると、おれは葉子に会いたくなった。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2006-12-03 12:27 | プロミス