今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プロミス #25


Crown, originally uploaded by lilacmoon.

 とりとめのない話題が続いていた。
 ケータイの機種変、体育の先生、受験、隣の女子高の文化祭、ふたりとも話さなきゃいけない話題をさけていた。
「まだ、それ使ってんの」
「そうだよ。手になじんでるし」
 おれは二つ折りのケータイを、右手の中で開けたり閉めたりしてみせた。
「いや、そのストラップだよ」
ーああ、こっちね。
 それは葉子とケータイ番号を交換したときに、葉子からプレゼントされたストラップだった。普通のシンプルな革のヒモで、おれのは黒、葉子のは白、目立つこともないけれど、お揃いであることには違いなかった。
「なかなかいいよ。ケータイのボディを傷つけないから気にいってるんだ」
 男子高校生が学校をさぼってカフェで珈琲を飲んでいる、ケータイをパコパコと開け閉めしながら。
ーおれたちは制服のない学校だから、こんなこともできるんだろうな。
 それでも幅の広い歩道に面したオープンテラスのテーブルに、平日の午前中から男の子がふたりで腰かけているのは、お店のウェイトレスさんにも違和感はあるだろう。

「麗奈から何か言ってきた?」
 どうでもいい話題も底を尽き、残る話題はふたつだけとなっていた。麗奈のこと、葉子のこと。
ー麗奈のことはきっと進展がないんだろうな、だったら先に聞いておこう。
 そんな気持ちからおれはまず、麗奈についての情報をあーくんに尋ねてみた。
 でも、一番知りたいことだった。
「元気にしてるのかなぁ」
 ケータイでメールをチェックしていたあーくんが、顔を上げた。あーくんのケータイはおれのと違ってジャラジャラと沢山のストラップがついている。あーくんはストラップで重そうになっているケータイをテーブルの端に置いた。
「やりとりはたまにできているんだけどさ」
 歯切れが悪いあーくん。
「いざ、会いに行くよ、それともこっちに遊びに来る、って話になると」
 あーくんは指でジャラジャラとしたストラップをつついた。
「連絡がすぐ途絶えちゃうんだよね」
 残り少ない珈琲を軽く口にして、
「あっ、おねえさん、珈琲お換わりね」
 ウェイトレスのおねえさんをタイミングよくつかまえる。
「でもさ、麗奈はおれじゃなくて、ゆうちゃんに会いたがっているよ」
 あーくんが足を組み替える。
「そんな気がするんだ。麗奈はおれじゃなくて、はじめからゆうちゃんのことが好きだったんじゃないかってね」
 あーくんの口元が、心なし寂しそうに微笑んでいる。
「運動会でおれがハンカチなんて差し出さなきゃ、もっと麗奈は素直に自分の気持ちを一番好きな子に伝えられたんじゃなかったのかなってさ」
 おれは無言のまま首を横に振った。どう返事をすればいいのか、わからなくなって、ただ首を振った。
「おれは麗奈のことが好き、麗奈はたぶんゆうちゃんのことが好き、ゆうちゃんはハコと付き合っている」
ーそう言えば、以前ハコも同じことを考えていたなぁ。
 ハコも感じて、あーくんも感じる、おれと麗奈のそれぞれの気持ち。誰も正解は知らない。
ーでも、誰が今、一番つらいんだろう。胸が苦しいのは誰だろう。

 珈琲を運んできたおねえさんに、あーくんがまた声をかけた。
「灰皿と、それと火あるかなぁ」
 自分より十分年下の男の子がタバコを吸うよと宣言している。
 おねえさんの眉が動く。
ーきみたちねぇ、まったく。
 あーくんはそんなのお構いなしに、タバコをポケットから取りだし、ケータイの横に置いた。
「ねぇ、あーくん、いつからタバコ吸いだしたの?」
 苦笑いのあーくんがタバコを口にくわえた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-01-29 16:03 | プロミス

プロミス #24


 寒い朝はベッドの中で過ごすに限る、独特のシンとした静けさを窓ガラス越しに感じながら、おれは昼すぎまでベッドで丸まっていた。
「祐二くーん、そろそろ起きたら」
 廊下から母親が声をかけてくる。もう何回目だろう、そろそろ起きないと母親が何か心配するかも知れない。
「、、、わかったよ」
 もそもそとベッドからはい出し、椅子にかけてあった赤いフリースのジャケットを羽織ると異様に明るいカーテンが目に入った。
ーゆき?
 そしてカーテンを開けると、目の前には一面の雪景色が広がっていた。

「やっとお目覚めですか」
 顔を洗いリビングへ入ったおれに、食後の珈琲を飲んでいた父親が笑いながら話しかけてきた。
「久しぶりの雪だし、冬眠か」
「はは、冷え込むね」
「祐二くん、パスタでいいのかな」
 母親は深い鍋にたっぷりの水を入れながら、尋ねているのか、決まっているのか、曖昧な聞き方をしてくる。
「パスタなんでしょ、それ茹でるお湯だし」
「あら、いいのよ、変えても」
「いゃあ、今日のバスタはいつもにも増して美味しかったぞ」
 父親が満腹そうな笑顔でそう言って、また笑った。
ー笑ってばっかり。何、いったい。
「パスタを茹でるお湯は、海水くらい塩辛くなくっちゃいけないでしょ」
「そこまですると、祐二は夕方まで水ばっかり飲むことになるぞ」
「だから、ほどほどに」
「そうだな、ほどほどの塩加減」
「そのほどほどがいいのよね」
 ふたりの会話をおれを優しくさせる。

 確かに母親の手料理は美味しい。どんな気分でテーブルについても母親の出してくれる手料理は食べ終わった後に、それまでのすべてを超えて、それまでが泣きたくなっていた時も、不満だらけの時も、幸せでいっぱいの時も、どんなときよりもおれを「ほっ」とさせてくれる。それが母親の手料理を食べた後の素直な気持ちだった。
 それは今日も変わらず、多少塩気がパスタに残っているのを口の中で感じたが、それ以上に父親の言う通りだった。
「うまいっ」
 母親の目がうれしそうに輝いた。ほんとうれしそうだった。
「そんなよろこばなくてもいいじゃん。いつもよ美味しいよ、ママの料理は」
 母親は父親と目を合わせた。
「うぅうん、久しぶりにその台詞、聞けたのよ。うれしいなぁ」
「そうかなぁ。いつも言ってるでしょ、美味しいって」
 食べ終わる頃には、父親が食器棚からおれの珈琲カップをとりだし、入れ立ての珈琲を注いでくれた。
「ほどほどに美味しいから、ほっとするんだよな」
「変なほめかたですね」
 母親が照れ笑いをしている。父親は母親のカップにも珈琲を注いだ。
「ここは家なんだから、ほっとするのが一番いいんだ。ほどほどがいいんだよ」
 おれは父親と母親が何かを言おうとしているのに、やっと気づいた。

「おれ、何か、変?」
 父親が頷いた。父親は珈琲カップを置くと、まじめな顔つきで話しだした。
「明くんを避けているだろう」
 おれはそんなつもりはなかった。でも、父親の言う通り、そうかも知れない。
「祐二も何か思うところがあるんだろう。明くんとは長い付き合いだし、今もこれからもいろんなことがあるだろう」
 ずっと携帯電話に出ていない。母親から留守中にあーくんから電話があったと聞いても、おれはかけなおしてもいない。
「でも、ほどほどがいいんだ。ほどほどにしなくっちゃな。お互いにきっかけがなくなると、声すらかけづらくなる」
 珈琲に口がつけられなくなった。おれは父親の言葉がストレートに心だけでなく、体全体に伝わってきた気がした。
「今、祐二が飲んでいるその珈琲もほどほどの苦さのはずだ。プロの入れる珈琲の味じゃない。それには追いつきもしないだろう。でも、飲んでみろ。ママのパスタと同様、ほっとするぞ」
 おれは父親の顔を見つめながら、そっと珈琲を口に運んだ。すると確かに苦さの中に温かみを感じた。
「相談できない悩みもあるはずだ。そんなときは無理に相談することもない」
 母親はテーブルから離れ、リビングのレースのカーテンを開けた。
「ねぇ、パパ、祐二くん、雪ってきれいよね」
 おれと父親は顔を合わせた。
「雪景色はね、神様のつくる芸術なんだってよ」
「芸術か」
 父親は、おれに軽く目配せすると、母親の話題に乗っていった。
「ママはいいことを言うね。うーん、いい表現だ」
ーとにかく、あーくんと連絡をとろう。
 オレは愛されている。父親と母親にこんなにも愛されている。パスタ、珈琲、そして母親の言うところの神様がつくった芸術を前に、心のわだかまりが少し取れた気がした。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-01-21 11:49 | プロミス

プロミス #23


morning bed sunshine, originally uploaded by heytomako.

「やっちゃったね」
「やだったの?」
「やじゃないけど、、、まぁいいや、いきおいだもん」
「そっから始まるのもありだよ、ハコ」
 明はゆっくりと葉子の首の下に腕を入れ、葉子の頬を自分の左胸に引き寄せた。
 レースのカーテン越しに差し込む柔らかい光が、葉子の白い顔を包み込む。少し赤らいでいる葉子の頬に明の胸の鼓動が伝わる。

 葉子のベッドで身を寄せるふたりは、ともに祐二のことを考えていた。
「でもね、わたしは祐二のことが好きなのよ」
「うん、知ってるよ、付き合ってんじゃん」
「明は麗奈のことが好きなんでしょ」
「そうだよ」
「じゃぁ、わたしのことは」
「ハコが言ったのと一緒。いきおい」
「ばか、まねするな」
 葉子は天井を見つめ続ける明の唇に自分の唇を重ねた。
「明の唇は冷たいね」
「今、ここに気持ちがないから」
「祐二のこと」
「そう、裕ちゃんのこと」
 明はシーツに潜り、葉子の大きいとは言えないが、張りの良い乳房にキスをした。
 葉子は明の髪の毛をつかみ、また明の行為を受け入れる。
 
 明はシーツの下で葉子の乳首を噛みながら、考えていた。
ー裕ちゃん、麗奈はオレじゃなくて裕ちゃんのことを待ってる気がするよ。でも、それはハコを抱いてる言い訳かな。今のハコの吐息はオレには刺激的すぎるもん。
 葉子は明を受け入れながら、でも、それほど祐二に対する罪悪感を感じていなかった。
ー好きにしていいよ。

「ハコ、タバコある?」
「あるよ」
 葉子はベッドから半身を起こした。
「さすがお姉さま」
「おばさんってこと?」
 タバコに火をつけて明に渡す葉子。
「箱ごとあげる。持って帰っていいよ」
「いいの?」
「だって、様になってないもん。どうせだったらかっこよく吸ってよね」
 そう言って、葉子は明から一度タバコを取り返し慣れたポーズでタバコを吸うと、気持ちよさそうに天井に向けて煙を吐いた。
 明はそんな葉子を見ていて、ひとつ確信した。
「裕ちゃんに今日のこと言うつもりないんだろ、ハコは」
 葉子はまたタバコを明に戻すと、そのまま明の耳たぶを舐めた。
「言わないよ、言う必要あるの? だって、これは、いきおいだもの。あっ」
 部屋の片隅に昨夜から放り出されている赤いバッグ、その中から携帯電話が葉子を呼んだ。
「きっと祐二からだよ」
 上目づかいに自分を見つめる葉子を見ると、祐二への罪悪感よりも葉子の視線に明はまた体が熱くなるのを覚えた。
「もしもし」
 芝居がかった葉子の眠そうな声、明は携帯電話に出た葉子の首筋にキスをした。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-01-15 00:08 | プロミス

プロミス #22


colors, originally uploaded by Marsala Florio.

 麗奈はイスに腰掛けて、窓越しに海を見ていた。
 昨日までの冷たい雨は午前中で止み、今は芝生に陽射しが差している。朝凪がそのまま続いているようだ。芝生の向こうに見える海も太陽の光を反射して、麗奈の目を細めさせる。
「気持ちいいね、お散歩しようか」
 麗奈の隣に立った母親は、彼女の肩に手を添えて微笑みかけた。

「お友だちとは連絡取れてるの」
「うん、ネットでやっと見つけてくれたみたい」
「ママにはわからないけど、そのネットっと不思議な世界なのね」

 庭への扉を開けて、潮の香りを鼻先に感じながら、ふたりはゆっくりと海を見渡せるベンチに向った。
ーママの手は温かい。
 いつも手をつないでくれる母親の手をぎゅっと握り返し、麗奈はいつも以上にそう思った。
ーこのママの温かい手だけはわたしから離れたりはしない。
 麗奈は母親が手をつないでくれるのが大好きだった。

「ママにも、そのネットってもの、できるかなぁ」
「できるよ」
「楽しいかなぁ。今度教えてね」
 同い年の友だちのいない麗奈にとって、いつも同級生みたいな口調で話しかけてくるママの優しさはうれしかった。母親からすると以前の麗奈が最近は現れてこないので安心していた。このままずっと今の麗奈のままでいてくれることを望むばかりだった。

「パパ、麗奈を診療所に預けるんですか」
「うん、その方がこれからの麗奈のためだ。もうママも限界だろう。でも麗奈だけを診療所には行かせないよ。おれも会社を辞める。診療所の近くに引っ越して、そこで仕事を見つけて、いつでも麗奈のそばにいれるようにするよ」
 夜になると人が変わったように暴れだす、当時そんな麗奈がそこにはいた。
 医者の診断だと、夜への恐怖心から逃れようと暴れだしている、とのことだった。いつ頃からだろう、何がきっかけになったのだろう、母親も父親も麗奈の夜への恐怖心の原因がわからなかった。はじめはただ駄々をこねている、そんな印象しかなかった。それがいつしか夜になると麗奈は目つきまでもが変わって行った。
 新しく紹介された診療所はその頃住んでいたところからは遠く、ただ母親の実家から離れていなかったことから、麗奈を診療所に預けることに母親も同意した。

 夜の自分を知らない、夜の自分の記憶のない麗奈にとってどうして引っ越しをするのかが、よく分からなかった。
「パパの仕事の都合でね、引っ越すことになったの」
 そう言われて転校した新しい学校は、芝生越しに海の見える診療所だった。ここが学校だよ、と母親から言われたことをずっと麗奈は信じていた。

「先生は、学校の先生じゃなくて、お医者さんなんだよね」
 診療所で母親と父親と一緒に先生と面談をしていたときに、麗奈はぽつんと先生に尋ねてみた。
 年齢の違う子供たちが一緒に授業を受けている。それぞれの子供たちに個室があてがわれ、外出するのにも先生の許可が必要だった。全寮制の進学校かも知れない、麗奈はそう思ったこともあったが、それほど自分も含めてまわりのみんなが優秀には思えなかった。だから麗奈は昨日の面談のときに尋ねてみることにしていた。
「もういいよ。教えて、先生」
 和やかだった空気の色が変わったのを麗奈は感じた。

 母親と並んでベンチに座った麗奈は、顔を母親の左肩に預けた。
「わたし、そんなに大変だったの」
 母親は両手で麗奈の手を包んだ。
「うん、大変だったよ」
「わからないの。記憶がないの」
「いいのよ。安心なさい。もう大丈夫なんだから」
「だから友だち、連絡くれなかったのかなぁ」
「そんなことないよ。絶対ないよ。だってネットで見つけてくれた友だちがいたんでしょ」
 母親は左手を麗奈の肩に回した。
 太陽の光を銀色に反射する海がふたりの前に広がっていた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-01-06 21:46 | プロミス