今は「Midnight Zoo」と「きみのもしもし」を掲載中
by hello_ken1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プロミス #29


Joy, originally uploaded by Magander.

 自分のベッドに横たわり、おねえさんから手渡された写真を見ていた。そこには満面の笑顔の麗奈が写っている。おれやあーくんの間で、麗奈のことが話題になることもなかった頃だろうか、それでもおねえさんは小学校の頃だよと言っていた。

「あの頃の麗奈なんだね」
「うん、そうだよ、元気なレイだね」
「レイって呼んでたの」
「お互いにレイ、由香ねえさんって感じかな」
「よく遊びに来てたの」
「同じ町内に住んでるちょっと年下の従姉妹なんだけど、遊びに来るのはすごくたまぁにかな」
「でも、仲よかったんだ」
 屈託のない麗奈の笑顔からそのことが伝わってくる。

 おねえさんは数枚の写真の中から、好きなのをあげるよ、と言ってくれた。手渡されたアルバムをゆっくりとめくると、笑顔の麗奈、得意顔の麗奈、唇をとがらせた麗奈、いろんな表情の麗奈を見ることができた。

「おれ、実は麗奈のこと、よく知らないんだよね」
「祐二くんがレイのことよく知らないだろうってことは分かってたよ」
「うん」
「でもね、レイは祐二くんのことが好きだったの」
「えっ」
「はずかしいから言っちゃだめって」

 麗奈はたまにおねえさんの家に遊びに来ると、そわそわとおれの家を覗いていたと言う。学校でもたまに見かけ、ここに遊びに来ると庭越しにおれを目にすることができる。祐二くんも呼ぼうか、おねえさんが麗奈に尋ねると、怒ったような表情でリビングの奥のピアノに向ったそうだ。

「これがいいな」
「そう、うん、それが一番レイらしいかも。大切にしてね」

 そしておねえさんはその写真にメモを添えて、おれに渡してくれた。

「もう大丈夫だから、祐二くんにも教えてあげなきゃって思ってね。電話してあげて」
「人と話ができなくなってたんだよね」
「うぅん、ほんとは違うの。夜がとっても怖くなっていたの。だから疲れちゃったのよね」
「もう怖くないんだ」
「大丈夫よ。でも、そのことにはあまりふれないでね」

 ベッドに仰向けのまま、麗奈の笑顔を手に持って、天井に腕を伸ばす。下校のときに友だちと笑い合っていた満面の笑顔が今、おれを見ている。
ー電話しても大丈夫かな。
ー自宅の番号じゃないから、麗奈を呼びだすようにおねえさんは言ってたな。
ー何て話を切り出せばいいんだろう。
 笑顔の麗奈に問いかけながら、おれは一歩も進めないでいた。

「祐一くん、パパが晩酌つきあわないかだってよ、起きてるんなら降りてこない?」
 母親の声が聞こえた。その声は、おれをある種の金縛りから解放してくれた。
「聞こえてる?」

 おれは引き出しに麗奈の写真をしまうと、
ーちょっと、ごめんな、ハコ。
 卓上に立ててある葉子の写真を伏せ、階下の母親に返事をした。
「今、降りてくよ」

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-02-25 11:32 | プロミス

プロミス #28


 おねえさんが出してくれた白ワインのせいで、おれは少し赤ら顔になっていた。
「ごちそうさまでした」
「お腹いっぱいになった?」
「うん」
「幸せでしょ」
 わたしと一緒のお鍋だから幸せでしょ、と言っているのか、それとも、
 入っていた豆腐が美味しかったから、そう聞いてきたのか、
 おねえさんの口元からは読み取れなかった。
「お取り寄せしてたんだよ、あのお豆腐、京都から。美味しいものをお腹いっぱい口にするって幸せよねぇ。ねっそう思わない?」
 おれが白ワインを1杯飲む間に、おねえさんは2杯目のグラスを空けていた。鍋の熱さと白ワインのアルコールに火照っているのか、おねえさんはほんの少しだけキーの高い声で、そして心なし早いしゃべり口でおれに話しかけてくる。
「洗い物は流しに運ぼ。運びおわったらソファーに座って待ってて」

 五分くらいだろうか。おねえさんがリビングから出て行って、おれは白ワインが3分の1だけ残っているグラスを持ってソファーでおねえさんを待っていた。
 リビングのもうひとつ奥の部屋からはグランドピアノが覗いていた。あのピアノが週末の朝、おれら家族を幸せにしてくれているんだ。おねえさんの奏でる調べが心の奥の方でおれに優しさを思い出させてくれた。そう言えば、お腹の痛い時もおねえさんの調べで安心して眠りにつけたこともあった。小学生の頃か。
 ソファから立ち上がり、知らない間にピアノの前に立っていた。
ーこんばんは。
ーはじめまして、いつもありがとう。
 ピアノと会話ができた気がした。

「あとで弾いてあげるから、こっちにいらっしゃい」
 おねえさんが一冊の分厚い本を持って、リビングに戻ってきた。
「お休みの朝、うるさくなかった、わたしのピアノ」
 笑いながら首を横に振るおれに、おねえさんは自分の横に座るように指を差し、ソファの前のテーブルに分厚い本置いた。それは昔ながらの懐かしい趣のあるアルバムだった。えんじ色の重厚な表紙に金色のばらの刺繍がしてあった。そして、おねえさんがその重そうな表紙を開くと、色調からして思い出を語っているような写真が四隅を三角形の黒い小さな紙で固定されていた。

「これ、おねえさん?」
「そんな写真はいいのよ、見なくても」
 ビキニの水着をつけてゴムのプールで水浴びをしているおかっぱ頭の幼い頃のおねえさんがいた。場所はこの家の庭先のようだ。
 おねえさんは自分のグラスに白ワインを注ぎ足しながら、ゆっくりとページをめくっていく。おれに何か説明をしてくれるわけでもなく、これ以上、おれにワインを勧めるわけでもなく、1ページめくるごとに横に座っているおれに微笑みかけながら、次のページへと進んで行く。
ーこのページかな。
 おねえさんの声がおれの耳元でささやくように聞こえた気がした。
「えっ」
ー何か気づかない?
 おねえさんはページを進める手を止め、グラスを片手に持って、ソファーに背をもたれた。
 おねえさんがいたずらっぽく微笑んでいる。頬がほんのりと赤くなりなり始めたおねえさんが、そのページの写真をよく見るようにおれに言っている。

 そこには、そう、そのページには、麗奈とおねえさんが手をつないで立っていた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-02-18 12:15 | プロミス

きみのもしもし #9

 ここのところ、きみに電話もしていない。
 かけなくっちゃ、と思いながら、
 きみのもしもしをそろそろ聞きたいな、と思いながら、
 でも、昨日もきみに電話をしていない。
 でも、
 郵便受けに昨夜みつけた手紙、切手も貼ってなければ、消印もない手紙。
 封を開くとそこは、
 きみのもしもしであふれていた。
「もしもし、お元気ですか」
 きみの丸っこい文字が「もしもし」と舌ったらずであふれていた。
 まだ寒いはずのこの季節、ぼくはその「もしもし」を読み返し、
 もう春うららの鼻歌を口ずさむ。
[PR]
by hello_ken1 | 2007-02-12 11:26 | きみのもしもし

プロミス #27


The Beautiful Game, originally uploaded by Kiki J.

「寒くなってきたね」
 その声に振り向くと、そこには隣のおねえさんが暖かそうなダウンコートに身を包み立っていた。
ー今にも壊れそうだよ、祐二くん。
 おれはおねえさんの思っていることが聞こえても、とくに反応もしなかった。
「いつまでこのベンチに座っているつもりなのかな」
 おねえさんはおれの前にまわってくると、ゆっくりと隣に座った。
「これからどんどん冷え込むよ、今夜は」
 おれが精一杯の笑顔を返すと、おねえさんは自分がしていたピンクのマフラーをおれの首に巻いてくれた。
「いいから、してなさい。風邪引くから」
 おねえさんのマフラーは首元にあたる肌触りが柔らかく、甘い香りがおれを包んだ。ハコの香りとも母親の匂いとも違う、少しとろけそうな香りだった。

「ねぇ、あの子はゴールを決められるかな」
 お姉さんの視線の先には、暗くなりつつある公園の真ん中でミニサッカーに興じている数人の小学生がいた。そのうちのひとりがまさにゴールを狙っているところだった。
「あーっ、おしいなぁ」
 その子の足下から放たれたボールは、キーパーが伸ばした右足にゴールを阻まれてしまった。
「祐二くんは部活、何かやってないの」
 おれはゆっくりと首を横に振った。
「そっか、そうだよね、祐二くんの高校は進学校だものね。でも最近の進学校は部活も盛んなんでしょ」
 苦笑いをするおれに、おねえさんは言葉を続けた。
「ちょっと待って。この前、喫茶店に一緒に行ってもらったお礼してないよね。それにあのとき撮ってくれた写真のお礼も。とってもいい写真だったし」
 おねえさんはコートのポケットからケータイを取りだすと、意味深におれを見つめた。
「祐二くんち、何番だったっけ」

「あっ、おばさまですか。こんばんは。隣の由香です。はい」
 いたずらっぽい笑みを口元に浮かべたおねえさんが、おれの母親と話している。
 すっかり暗くなった公園で、ミニサッカーをしていた小学生たちも帰り支度をはじめた。
「えぇ、おばさま、それじゃ遅くならない程度に。はい」
 ケータイをポケットに仕舞うと、おねえさんはベンチから立ち上がり、おれにも立ち上がるように手招きをした。
「寒かったり、暗かったりすると、マイナスの思考しか働かないんだよね」
 そうかも知れない、きっとそうなんだろうな、おれは小さく「うん」と頷いた。
 立ち上がったおれの左腕におねえさんは腕を組んできた。
「今夜はおねえさんちで鍋パーティーとしゃれ込むよ」
ーえ。
「きょとんとしないの。こんな美人のおねえさんが、おねえさんちで、それも今夜はふたりっきりで鍋を囲もうって言ってるんだよ」
ーえっえっ。
「期待に胸膨らませて、ついてらっしゃい」
 耳たぶが熱くなるのを感じた。
「あっ、祐二くん、変な想像してるでしょ」
 おねえさんは笑いながら、組んだ腕をぐいぐいと引っ張るように歩き始めた。
「期待するのは鍋だけにしてね」
 屈託なく笑うおねえさんがこの上なくきれいに見えた。
「うーんと、少しくらいなら、祐二くんもお酒、大丈夫でしょ」
 隣のおねえさんが、おれの今の状況をわかっているはずもない隣の由香さんが、それでもおれを元気づけようとしてくれている。
 ここにもおれのことを心配してくれているひとがいる。おれは幸せなんだな、と思った。
「大丈夫だよ、お酒は父親の晩酌にきちんとつきあってるし」
 おねえさんはうれしそうにまたおれの腕をひっぱった。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-02-12 00:32 | プロミス

プロミス #26


aH010027, originally uploaded by hello.ken1.

「それって、どういうこと」
「どうもこうもないさ」
 2本目のタバコをくわえようとしていたあーくんの手を、おれははたいた。
 ウェイトレスのおねえさんからさっき受け取ったライターと、2本目のタバコは歩道まで飛んで行った。
「あっぶないなぁ」
 あーくんは冷静気味にそう言って、ため息をひとつつく。
「どうしても知りたそうだったから、言っただけだよ」
「そうじゃないだろ」
 あーくんの視線は歩道にころがった赤いライターに向いていた。
「こっちを見ろよ」
「あっ」
 歩道の赤いライターは駆け抜ける自転車のタイヤにはじかれて、車道へと飛んだ。
「あーあ」
「あーくんっ」
 葉子と寝たよ、とおれに告げたあーくんの今の態度が気にくわなかった。それはあーくんが葉子と寝たことよりも何十倍もおれの心を逆なでした。

「笑って話の核心に触れないようにはぐらかしたり、それとなく否定しても、わだかまりは一切なくなんなかっただろ」
 ライターもないのに、あーくんは3本目のタバコを口にくわえた。少し強めに噛むようにくわえた。
「タバコの匂いなんて似たり寄ったりだよ、たまたまハコの部屋に残っていた匂いがこのタバコの匂いと似てるだけじゃないのっておれが答えても、ゆうちゃんは心の底からは納得しなかったんだろ」
 あーくんの目は妙に優しかった。おれを包むように優しかった。哀れみとかそんなじゃなく、淡々と語りかけている。
「ゆうちゃんがおかしいと感じたんだから、そしてきっとそれを確かめたくておれを呼んだんだろうから、おれは正直に答えたよ。嘘はつかない。話題がハコの部屋の匂いにならなかったら、言わなかっただろうけどね」
 あーくんはくわえたタバコを右手に戻した。
「いつもの喫茶店を待ち合わせの場所にしなかったのは、あそこの店長に聞かれたくなかったからでしょ」
「はぐらかすなよ、あーくん」

 今、おれは家の近所の、ちょっとした広場のベンチに座っている。陽が落ちる時間が遅くなったとは言え、もうこの時間には広場の青っぽい電灯に灯が灯る。

「ハコはおれの彼女なんだぜ」
「だったら不安がらせるなよ。ハコの前で麗奈のことをゆうちゃんは口にしちゃだめなんだよ」

 どうやってここまで歩いて来たんだろう。おれはあーくんに何て台詞を残してきたんだろう。
 ただあーくんの言葉だけが頭に、心に残っていた。
ーハコを不安がらせるなよ。
 おれは否定できなかった。

 陽が落ちると寒くなるのが早い。今日は昼間とっても暖かかったので、よけいに寒さが身にしみる。
ーハコ、会いたいよ。
 麗奈ではなく、正直おれは今、ハコに会いたいと素直に思った。
ーハコ。
「なにしてるの」
 そのとき、聞きなれた声が背後から聞こえた。

(続く)
[PR]
by hello_ken1 | 2007-02-04 04:33 | プロミス